英語の顔websiteへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ通じない?

英語は得意と思っていたけど現地で話すと通じない…
へこみますよね

イントネーションが違うから?
meet you がmee-chuとなるようなリレーションが出来てないから?
などなどいろいろ考えますが、
大きな原因は音数の少ない日本語の音で英語の音をあてはめようとしているから。

日本語で使う音の数は英語で使う音の数よりもずっと少ない!
日本音で表現しようとすると、どうしても音を集約するしかない。本当は違う音なのに…

例えば 
s、th → ス


それプラス、日本語が母音(あいうえお)のみ
又は子音+母音で表現される。

す → s+う


それに対し英語は子音のみで表現することも多い。
だから子音だけでも出せるようにしなくては。

その辺り、日本語の音で英語を話そうとすると通じにくくなってしまうんじゃないかなと思います。


スポンサーサイト
プロフィール

英語の顔

Author:英語の顔
こんにちは。

ネイティブのような発音で通じる英語を話したくないですか?
大人になってもお顔の筋肉を鍛えればネイティブ発音も難しいことではありません。

思わぬ副効果で
お顔の筋トレをすることにより、ハリがでて、たるみ改善、アンチエイジング効果の期待も!(^^)!
お顔が筋肉痛なんて、あまり体験しない感覚ですよね。

コツをつかむは12~24回位の受講。体が覚えてくれるのは、クラスのみで練習する方で約1年、おうちで練習する方は、筋トレなので、練習した分早く身につきますよ。
一度身についてしまえば、自転車の乗り方のように止めても少しの練習で感覚を取り戻せますよ。



私は、数年アメリカで過ごし、カタカナ英語はアメリカで通じないことを実感しました。

少ない単語力でも確実に通じる英語を話したいと、発音トレーニングを始めたのですが、
自分の口の筋肉、舌の筋肉をトレーニングしながら発音矯正をしているうちに、発音がみるみる直っていくのが楽しくなり、
そのまま、カタカナ英語をネイティブ英語に直すインストラクターとしてアメリカロサンジェルスで、帰国後も日本で教えるようになりました。

生徒さんは、実戦で英語を使う駐在員、CA、留学生、英語教師の方々や、旅行で使いたい、趣味でやりたい、子供の英語に役立てたいなどなど様々です。

トレーニングには、発音記号、アルファベットを始め、定型文を使うので、英語が得意な方も苦手な方もどちらでも気軽に受けられますよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。